本当はすごい「シナモン」の効能 !?

 

sinamon1


ダイエットにも 美肌にも


   …………… 本当はすごい「シナモン」の効能 !?

当店エム・ワンのアップルパイに使われている「シナモン」のお話。

 


「シナモン」は独特の甘みと香り、かすかな辛味があります。”スパイスの王様” とも呼ばれたりするように、複雑な味わいを持ちそれが味の深みにも繋がっています。

シナモンは甘いものとの相性がとても良く、りんごとの相性はバツグンに良いですね!
りんごの甘味・酸味とも調和がうまくとれて、よりいっそう甘みが強まるという相乗効果もあり、美味しさを倍増させるようです。
ハーブの持つ爽快感が、あとからジワジワとから広がっていき食欲を増進させてしまいますね。

 


そのほか多くのお菓子類やエスニック料理のスパイス、アロマオイルなどでもよく使われていて、人類が古くから愛用している人気のハーブです。

あまり馴染みがないという人もいるかも知れませんが、日本では奈良時代の古くから「薬」として用いられ、漢方薬でも使われている「薬用食品」です。 体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用を持つ「生薬」として利用されています。

シナモン」には毛細血管を保護する役割を持つため、毛細血管の減少や損傷から起こる
シミ、シワ、たるみの予防・解消の効果も期待できるなど、美容にもさまざまな効能のある食品です。


シナモンは直接に毛細血に働きかけるため、効果・効能は老若男女問わず誰でも効果が実感できます。

なにかと忙しい現代社会では、若い年代でも食生活や生活習慣の乱れから、
血管の老化が早い人が増えている状況ですので、今のうちからシナモンを摂って血管を守るのもいいかも知れません。

 

全然効果がないという方など個人差がありますが、 (何でもそうですが) いくら良いと言っても、過剰摂取はしないように注意しましょう。あと、ハーブ系は香りが高く強めなので、ちょっとキツいという人もいらっしゃるかも知れません。

シナモン」は、クスノキ科の常緑高木で、食品としては樹皮を主として作られていて、
ニッキとも呼ばれ、生薬としては桂皮(ケイヒ)と呼ばれています。


下の写真は 左 / シナモンの花  右/ シナモンの葉

かわいくて可憐な花ですね。
sinamon Flower                 Cinnamon leaf a